長谷川豊の部落差別発言も、維新は除名せず?

前記事に続きまして、

長谷川豊の酷い差別を解放同盟や人権センターに問い合わせてみたよ!

 

当方はこのあまりにあきれ果てる差別について、差別問題に取り組む団体等に電話問い合わせを行った。
これはもはや解放同盟好きとか嫌いとか、そんなレベル越えてるまさに部落差別というべきものである。

問われているのは「正義感」である。

 

「エタ・ヒニンは十何人で暴行する犯罪のプロ」維新の長谷川豊参院選候補の発言が再び話題に
https://buzzap.jp/news/20190520-ishin-hasegawa-yutaka4/

講題の「女は三歩下がって歩け!」というテーマもすさまじいが、内容がさすがにどう見ても部落差別である。

 

 

「日本には江戸時代にあまりよくない歴史がありました。士農工商の下に、穢多・非人、人間以下の存在がいると。でも、人間以下と設定された人たちも、性欲などがあります。当然、乱暴なども働きます。一族野盗郎党となって、十何人で、取り囲んで暴行しようとしたとき、侍は大切な妻と子どもを守るためにどうしたのか。侍はもう刀を抜くしかなかった。でも、刀を抜いたときにどうせ死ぬんです。相手はプロなんだから、犯罪の。もうぶん回すしかないんですよ。ブンブンブンブン刀ぶん回して時間稼ぎするしかないんです。どうせ死ぬんだから。でも、自分がどうせ死んだとしても、一秒でも長く時間を稼ぐから、大切な君だけはどうか生き残って欲しい。僕の命は君のものだから、僕の大切な君はかすり傷ひとつ付けないと言って(刀を)振り回したときに、一切のかすり傷が付かないのが、二尺六寸の刀が届かない三尺です。女は三尺下がって歩け、愛の言葉です」(発言ママ)

 

 

 

堺市人権ふれあいセンター

https://jinken-fureai.jp/

歴史的なものとしての表現だが、こういうものも差別にあたらないのでしょうか?と聞いてみたところ、きちんと学術的な面からも調べてくれて折り返し連絡いただいた。

それによれば、現在は学者の間でもそのようなことがあったというような話は否定されており、問題があろうということでした。

そもそも見てきたかのようなことを言っているけど、ワンピースを例えにしたりと、話にならないというような呆れたご様子でした。

 

部落解放同盟 大阪府連合会

http://www.hrn.gr.jp/

問い合わせたところ、受け付けてくれたかたは全く知らなかったようで、内容をお伝えしたところ、あきれ果ててました。
ので、まあ「長谷川豊 部落差別」と検索したら出てくると思うので、ぜひ見といてくださいと伝えておきました。

 

 

 

部落利権~!なんて批判の声を解放同盟に言う人もネットには散見するし、そう言われてもしかたのない利権事件も過去起こったことがある。

飛鳥会事件など大阪でも過去にはあり、悪しき印象持つ人もいるのでしょうが、むしろ飛鳥会事件を経て役所との不適切な関係は大きく改善され健全化進めているとも思うわけです。
そういう負の感情を背景に長谷川豊の今回の差別発言はあるのかもしれない。

こちらはこのあいだの大阪知事・市長選挙において、もはや10年以上大阪の圧倒的支配者である維新こそ権力ではないかという批判に対し長谷川が書いたもの。

このあいだの知事・市長選挙の際、いつまでも非権力パフォーマンスをする維新の弱者アピールに対し、自民党の宗清代議士事務所のTwitterに長谷川豊が書いた内容。

 

いつ維新が解放同盟利権を潰したのだろう?

2006年の飛鳥会問題なども関市政の頃に問題化して解決が進んだ話であるが

維新政治で何をやったというのか。

 

そもそも、大阪において解放同盟は飛鳥会事件など実際に悪党が巣くっていた。

しかし一大スキャンダルになり反省してきた歴史がある。

大阪「飛鳥会」問題等一連の不祥事にかかわる見解と決意 2006年9月29日

http://www.bll.gr.jp/archive/siryo-syutyo2006/guide-seimei20061009-2.html

 

飛鳥会事件とは、市の内部に解放同盟の立場を利用し圧力をかけ、金をせしめていた幹部の事件である。

その後解放同盟大阪府連は

反社会的な「犯罪」行為・「えせ同和」行為は断じて許さない

として取り組んできたという暗い歴史がある。

 

 

しかしこのような取り組みに泥を塗る事件が飛鳥会事件の以後もあった。

それが平成18年の「大阪府まちづくり建設協会」(「大阪府同和建設協会」を前身とする団体)による大阪市競売妨害事件である。

 

 

 

 

橋下徹の私設秘書で建設会社(新建産業)元社員[4]である奥下剛光の紹介で、まちづくり建設協会が大阪府に中小零細企業の実情を府に伝えたいとの申し出があったが、応接の前に会長逮捕によりまちづくり建設協会が解散したため実現しなかった[5]

役員が橋下のパーティ券を斡旋する一方、6億超の公共事業を受注していた喜捨建設の関係者がまちづくり建設協会の副会長を勤めた。また、受注の大半が大阪府からの公共事業である東淀川区に本社を置く協会会員の企業の役員も橋下のパーティー券を斡旋していた[

 

官製談合、入札妨害で逮捕者を出す同和行政の歪みを露呈した事件である。

しかしここでなぜか、「大阪府まちづくり建設協会」と大阪府との窓口を作るよう、橋下知事の公設秘書でもあった奥下剛光が申し入れを府側にしていた。

大阪府のホームページによると奥下氏は、2009年3月18日に当時の秘書課長を通じ、同協会の「府の応接窓口の整理について相談」。

これを受け翌19日に同協会から「中小零細企業の実情を府に伝えたい」との申し出があり、府の人権室が面談し、対応窓口を整理することになったとしている。

しかし会長の逮捕によりこの応接は実現しなかったという。

 

当時の共産党・宮原威府議は、「団体と大阪府の窓口を公式につくるよう働きかけたことは、府の公共事業受注のためであり、知事の府政私物化ともいえます」と厳しく批判している。

 

 

府の説明 「前知事の私設秘書(奥下剛光氏)」と本府の関わり

http://web.archive.org/web/20140225200837/http://www.pref.osaka.lg.jp/koho/hisho/hisho15.html

(府のサイトからなぜか削除済み)

 

 

この奥下という人物、橋下知事の後援会長の息子という。それを新たに「公設秘書」というポジションを新設して就けた人物。

 

奥下の特別秘書就任について、「(公費で給与を支払う)特別秘書と私設秘書との線引きがあいまいになる」などとして、自民党は共産とともに反対した。

「自民党と共産党が共闘した~!!」とか維新支持のみなさんはこういうのでも言うのですかね?

都構想への反対も単に同じような構図なのですよ。右も左も反対するようなありえない案件というだけです。

 

 

そして自民や共産の懸念どおり、勤務時間にふざけたTwitterを繰り返すなど、問題視され、住民訴訟を起こされている。

 

結果として「裁量権の範囲」として橋下知事の奥下を就ける人事は違法性は否定されたが、しかし適任者であったのか疑問がつくことには変わりあるまい。

 

原告側は奥下氏が橋下氏の後援会幹部の息子で、任命自体が不適切だと主張したが、判決は「市長の裁量権の範囲内」として任命の違法性を否定した。

奥下氏が一般職員の勤務時間中に、知人に向けて「タイに行ったのはBestの判断やったんか?」「コムギラブ拝聴。南の島に行きたい病が再発してもうた!!」などと私的なツイッターを投稿したことについては、特別秘書が地方公務員法上の特別職にあたり、勤務時間の制限を受けないとして「妥当性はともかく、ただちに違法行為を構成しない」と判断した。

 

違法でないことと妥当であることとは違う。

 

また裁判でいろいろなことが分かったが、

・一般職の職員への指示などはしていたが、口頭のみでメールでは一切していないので記録は無い

・しかしその担当職員の名前は知らない

・知事からの指示は、紙のでものは奥下曰く全てシュレッダーで抹消した。メールは情報管理の観点から消したとし、
証拠として橋下との連絡メールが提出されるも、最近のものだけ。

・Twitter投稿は個人のiPhoneでやっていたと説明→しかし「iPhone壊れて使えない」旨投稿してるのをのはどの端末か?と追及される→覚えてない

こんな仕事ぶりに公費が払われる違和感…

 

また、奥下は他にもこのような公私混同事件を起こしている

 

大阪府の橋下徹知事は29日、「校庭の芝生化を進める」として、個人や企業から資金を募ろうとした団体に活動中止を求めたことを明らかにした。

奥下剛光私設秘書と後援会関係者が設立にかかわっており、「担当課が承諾している」と事実と異なる報告を受けていたという。

広告塔だった橋下知事は報道陣に「奥下秘書には厳重注意した。最後は僕の管理責任。軽率だった」と陳謝した。

 

橋下の公設秘書の立場を用い、「担当課が承諾の募金事業」と虚偽説明をし、橋下が一時やたら推進してた校庭芝生化で金集めを奥下はしようとしていたのだ。

こんなことあっても「厳重注意」でクビにはしないのだから呆れる。

このような甘い処分では、露呈しただけで橋下知事もグルの資金集めだったのでは?と疑念持たれかねず、このような利権集めをする人間はきっちり排除するのが橋下イズムではなかったのか!口先だけではないか。

後援会長のボンだからなのか?全く納得のいかぬ対応である。

 

この奥下、住民裁判でも明らかにされたが、政治団体を作り政治家をそれ以前から目指していたようである。奥下家は橋下へ多大な献金をしてきたが、そのかいもあったのか

2017年の衆院選では奥下剛光は、大阪7区(吹田市、摂津市)で出馬。

落選するも、現在も支部長となっているので次回も出るのであろう。

 

 

 

 

長谷川豊の話に戻ろう。

実はつい先日、5月18日に長谷川は大阪へ来ている。

 

 

奥下の会にゲストで呼ばれ講演したのだという。

奥下が府に窓口作ろうと暗躍した団体こそ既得権益ではないのだろうか?

部落差別をし、解放同盟を既得権益とレッテルを張って中傷するが、長谷川が応援している奥下の立場利用した不適切な行為はなんなのか。

 

 

今一度、飛鳥会事件を受けての解放同盟大阪府連の決意をここで貼ろう。

 

 

反社会的な「犯罪」行為・「えせ同和」行為は断じて許さない!

非常にいいことを言っている。

 

 

我々が戦わねばならないのは世の不正である。

部落差別ではないのだ。

戦うべきは「えせ同和」なのである。

ここを勘違いしてはいけないし、長谷川豊の今回の暴言のような部落差別をするのは多くの罪もない部落出身者を傷つけるものである。

社会不正とは戦わねばならない。しかし長谷川豊はそれを怨恨を煽る具にしているだけではないかと思う。

 

この長谷川豊は維新は衆議院選挙の全国比例で立候補させようとしている。

つまり比例で「維新」と書けば長谷川豊が国会議員になってしまうのだ。

 

これについて維新側に電話抗議を5月21日にしたかたが報告をあげている。

 

なんと電話対応者によれば、対応しない方針という。

ひきつづき立候補予定者であるというのだ。

長谷川豊は前記事の通り、これまでもとんでもない失言を繰り返してきており、これまでも維新はスルーしてきている。

長谷川豊、酷い部落差別発言。こんな人物が全国比例候補?

 

いったいなぜここまで長谷川豊を優遇するのか全く分からない。

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter