コロナ禍に東京の町田市長選の維新候補応援に大阪を離れる、東修平・四条畷市長



町田市長選挙に党を挙げて必死な維新の会

現在、東京都の町田市長選が行われておりますが、維新の選挙応援ぶりが異常なレベルです。
一地方自治体市長選挙とは思えない、党を挙げた選挙を展開しており、遠い他の自治体からや、国会議員が次々に入って運動しております。

一説には、維新は東京と知事を狙ってるとの週刊誌記事もあり、
橋下知事の話があるなんて記事もあります。以下はデイリー新潮。
そういう思惑もあり東京進出の重要な選挙であるのかもしれません。

東京都知事の座を狙っている? 

 元日本テレビ解説委員で上智大学新聞学科教授の水島宏明氏が言う。
「フジテレビは報道において公平性に気を付ける意識が比較的弱いテレビ局だと思います。他局であれば、橋下さんをレギュラーにはしない、他の共演者でバランスを取るといった措置を講じるでしょう」

 先の政界関係者は、

「フジが橋下氏を重用する背景には、今も社内で隠然とした影響力を誇る日枝久元会長の存在がある、という見方があります」

 として、こう明かす。

「経営が厳しくなっているフジが今も望みを繋いでいるのが『お台場カジノ構想』。それを推進するために橋下氏を東京都知事にしたい、との思いが日枝元会長にはあるといわれています。
橋下氏自身もまんざらでもないらしく、昨年秋、小池百合子都知事の重病説が流れた際には、維新の関係者が病状についてリサーチしていたそうです」
 橋下氏のテレビ大量露出の背景に「東京都知事の座」と日枝元会長――。何やらキナ臭い話だが、維新の本拠地である大阪にも、「しがらみ」を感じざるを得ない事実が、表沙汰になることなく眠っていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2dca9a13596f9b78bdb484c1a7c979b49aa47fa5?page=3






「おくざわ高広」という維新の町田市長候補の、酷い政治渡り鳥ぶり

今回、維新の会は「おくざわ高広」という候補を擁立しているのだが、この人物がまた酷い。維新は東京都民を馬鹿にしてるのではないかと思える。



そもそもおくざわ高広は、都民ファーストの都議です。
小池ブームに乗り、都議となった人物です。

しかし、前回の都議選、出馬を辞退。その都議としての地盤を立憲民主党の新人候補に譲ることを表明。
この都議選では徹底的に後継者である立憲候補を支援。


以下はおくざわ高広が現職都議だったときに、都議選の不出馬を表明し立憲候補を支援する旨を表明したときの記事です。

都議選 奥澤氏が不出馬表明@神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙タウンニュース

東京都議会議員選挙に立候補予定だった奥澤高広氏(現職)が出馬しないことを表明、6月8日に町田市役所4階記者室で会見を行った。
 奥澤氏は「コロナ禍で政治家としての原点を見つめ直した。町田に貢献するためには個人としてもっと身近なところで活動すべきと考えた」と説明。今後は立憲民主党・新人の政治活動を支援する意向を示した。

https://www.townnews.co.jp/0304/2021/06/17/579095.html

都議選では、立憲民主党の新人、鈴木烈を立憲の国会議員らと一緒に選挙運動を熱心にしていた。


完全に立憲に取り入ろうとしていた人物なのは間違いがなく、立憲からの将来の出馬を狙っていたのであろう。
それが今回維新から出馬というのだから驚きである。
さらに言えば、小池ブームで都民ファーストで都議になる前は、自民党の西村康稔議員の秘書をしていたといい、政治資金収支報告書を見れば、西村議員の地元の兵庫県の支持者からの献金が複数あったりする。自民時代に得た支持者なのであろう。
すなわち、

自民党→都民ファースト→立憲民主党→維新の会

…とこの短期間に渡り鳥を繰り返している人物であるのだ。




四条畷市長、東修平とおくざわ高広の関係性

おくざわ高広の公式サイトには過去の都政報告のPDFがバックナンバーとして残っているが、そこを見れば東修平とつながりがあったことが分かります。

都民ファーストの都議だったときのものですが、意見交換会に大阪府四条畷市からわざわざどういうツテなのか、ゲストに東修平市長を呼ぶ。
東市長と言えば、最年少市長として当選したことで知られ、反維新陣営で維新候補を打ち負かして当選してきた人物です。
わざわざ東市長にゲストに来てもらったりと世話になってる話かと思いますが、
おくざわ高広は今回、維新に鞍替え、町田市長選に出馬します。

この維新、藤田文武は大阪12区選出の議員です。
つまり、東修平市長の四条畷市はその選挙区で、政敵ともいうべき存在であります。


さて、この町田の選挙戦、選挙最終日になんと、四条畷市、東修平市長がおくざわ高広の応援に登場します。
つまり、維新の応援に反維新のはずの東修平が入ったわけです。

おくざわ高広と維新入りする以前から繋がりがあったとはいえ、れっきとした維新の会の選挙応援に入るとは、四条畷市の反維新で東に投票した有権者はどう思うのでありましょうか?

「シガラミ政治から市民中心の政治へ」
コロナ禍の中、四条畷市民を捨て置き、旧知のおくざわ高広の選挙応援に東京へ。シガラミそのものではないか。
全くの真逆が今起こっているというべきであろう。




コロナ禍の中、東京に選挙応援の東修平は四条畷市民をコケにしている

大阪府は現在、オミクロン株のまん延で、全国最悪の新型コロナウイルスの感染状況である。
日々何十人と死亡者が出ており人口比の死者数は突出している。

この状況下で大阪府下の自治体の市長が東京に選挙応援ですか?
四条畷市民を見捨て、選挙しに行ったのですよ、これ。ふざけるな!としか言いようがない。
これではコロナ禍の中全国に選挙で飛び回ってる松井一郎ら、維新首長と変わらない。


全国最年少市長としてクリーンイメージで当選してきた東修平であるが、汚い政治屋に堕したと言われてもしかたのないありさまである。
今後は維新に媚び、維新からの推薦も得ようとでもいうのだろうか?
それとも辞職して維新から国政目指すとでもするのだろうか?

まあそれは個人の勝手だし政治屋とは思うものの仕方ない話だが、やはりコロナ禍での東京行きは断罪されねばならない酷い行動である。
四条畷市民への背信である。これでいかにも頑張ってる風にTwitterの自己アカウントでコロナ対策を投稿してても、一切説得力が無い。



大阪府は現在「まん延防止重点措置」の対象であり、2月20日までとして出されていたものも、3月6日までにさらに延期されたばかりです。
まん延防止重点措置による大阪府からの要請内容には「不要不急の都道府県間の移動を極力控える」というものがあり、それを四条畷市長自ら破るとは何を考えているのか!
これで四条畷市民に新型コロナで警戒を呼び掛けても説得力が皆無である。



四条畷市のホームページにも同様の要請が四条畷市民になされています。

大阪府における感染拡大防止に向けた取組みについて(2月18日時点)
https://www.city.shijonawate.lg.jp/soshiki/32/18910.html



四条畷市民に市長が要請しといて、当の四条畷市長が東京に選挙応援で四条畷市を空けるのか?
今の大阪の感染状況分かってるのか、東修平は。
どれだけ大阪で蔓延し、人が死んでると思っているんだ。
本当に市民をナメています。


これを支持者バイアスで糾弾しない四条畷の東修平支持者は、松井市長の酷い感染症軽視を看過する維新支持者と変わりがない。
おかしいことはおかしいと言える人間でありたいものです。



Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter