吹田でも維新のデマチラシ

統一地方選後半戦、吹田では吹田市議選に加え、吹田市長選が行われている。

 

ここでも維新が毎度の酷いビラをまいていることが発覚。

 

 

 

まず、大前提として知って置いて欲しい事として、既に過去維新市長は誕生しています。

 

●過去の維新系市長の政治とカネの問題

 

 

吹田の井上市長というかたが居ましたが、このかたは維新府議から転身し当選。維新の顧問となっていた維新系市長ですが、

2012年10月に身内へ巨額の市の事業を随意契約が発覚。

市庁舎の屋上に太陽光パネルを設置する事業を自身の後援会役員が社長を務める企業に随意契約。

百条委員会が開かれ、市場価格をはるかに上回る価格と発覚。のち市長選に落選

しかし、問責決議もされ、それを受けて維新の顧問を辞任するも、そのまま満期務めて退職金をたんまり得た。
この随意契約の過大代金について、返金要求にも応えていない。

 

なにやら維新政治で新しくしよう!という風であるが、既に吹田は維新市長で酷い目にあっており、維新は「古い」のである。

 

 

 

しかし、このチラシの最も酷い部分はこのデマである。

 

●なんと!住民税 府下1位

 

住民税は全国一律でしょうが!

道府県民税4%と市町村民税6%の合計10%が住民税と言われるもので、

これ全国でこの税率。

 

吹田市民の住民税の平均納税が多いとするならば、それは単に吹田市民の平均収入が多いというだけです。

 

これを「酷い市政だ!」と現職批判に繋げているのですから、とんでもデマです。

ここまでくると、公職選挙法違反とすら言えるのではないか。

 

 

デマと分かってやっているか?

それともこんな住民税率なんて話も分からない無知が吹田維新なのか?

どちらにせよ、このビラを維新候補はみな配って、誰も間違い指摘していないのであるから

維新の市議候補、維新の市長候補共に、政治を担う能力が完全に欠落しているといえよう。

 

 

なお、維新はデマ三昧選挙でファクトチェックをされ敗北した堺市長選以後、ホームページにチラシを掲載しなくなっている。

タウンミーティングの動画も一切あげなくなっている。

 

その上で、統一地方選前半戦に引き続き、このデマ三昧選挙というのは、もはや意図的に嘘で有権者を騙していこうとしているのではないか。

 

 

 

(なお、維新は最近ビラ画像を公式ホームページにあげない)

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter