維新と共産の共闘案件まとめ

大阪の政治に関心あるかたには見飽きた光景ですが「自民と共産が共闘~!大阪自民はー!」という維新のネガティブキャンペーンがまた始まりました。

 

単に大阪市廃止構想が単なる松井府政の放漫経営の穴埋めに、大阪市民の資産を付け替えて転売しようというものでしかなく、大阪を劣化させるものでしかないので、故郷を守るために全ての会派が反対しているだけでしょう。

都構想を終わらせたら再び自民と共産は正々堂々バチバチに意見ぶつかるだけの話です。

 

例えば、かつて同和利権とも言うべき飛鳥会事件などが大阪市では起こり、当時の自民系の関市長と、それを共に取り組んだ共産は同じ方向でこの問題の解決を図った。

共産が言うから反対のこと言わねばならないというのなら、同和利権を守ればよかったのか?

 

「共産の反対を言えば正解」なんて幼稚なことを言う人は、アホを表明しているようなものです。

維新政治と都構想というものは、もはやそういうレベルの大阪を貶める欠陥政策なのである。

 

以下は余談

 

 

 

●維新の相乗り選挙事例

さて本題

しかし維新も共産や民主と相乗りや、採決で共闘してきている

松井さん、吉村さん、知らない人ばかりではないのですよ?

 

 

●北海道知事選

2015年3月告示 北海道知事選では、自公擁立の現職知事の高橋はるみ知事に対し、
民主党北海道・市民ネットワーク北海道支持の佐藤のりゆき候補に、共産、維新、新党大地、社民が支援の構図

 

●大阪府阪南市長選

2016年10月告示の阪南市長選では、維新は社会福祉協議会会長の会長の水野健二氏を維新推薦として擁立。
この選挙争点は共産党のみが反対してきた現職の保育所の統合案の賛否で、水野氏はそもそも共産寄りの立場であったひと。

当時開かれた「水野けんじさんと語り合う会」では、会場出口で、水野氏をはさみ、丸山穂高衆議院議員(維新)と、宮本たけし衆議院議員(共産)が立って握手。

 

●沖縄県浦添市長選

2017年2月の選挙。前職の松本哲治市長(自公推薦)に対し、翁長知事系の又吉健太郎氏が挑む構図。

又吉氏は、共産や社民などの「オール沖縄」勢力の候補で、そこに維新も支持表明で相乗り

 

●その他諸々

これらは共産との相乗り案件ですが、民主党との相乗りはもはや数えきれないほどそこらじゅうである。

堺市長選でも維新は共闘批判に終始、松井知事は2017年10月2日(月)、自身のTwitterにて、堺市長選において枝野氏が応援に入ったことを取り上げ現職市長に民進党が相乗りしていたと揶揄

 

しかしその前日の10月1日(日)に岡山市長選の投開票。ここで維新は民進党と相乗りしているという酷い話。

自民党などが推薦する現職と共産党が推薦する新人の争いとなった岡山市長選挙は、1日に投票が行われ、現職の大森雅夫氏が2回目の当選を確実にしました。

岡山市長選挙の開票はまだ始まっていませんが、NHKが事前に行った情勢取材や投票を済ませた有権者を対象に行った出口調査などで、
自民党、民進党、公明党、日本維新の会岡山県総支部の「岡山維新の会」が推薦する現職の大森雅夫氏が、
共産党が推薦する新人を大きく引き離し、順調に得票を伸ばすと見込まれることから、大森氏の2回目の当選が確実になりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/

 

みなさんがよく知らないことをいいことに、己を棚に上げて幼稚な相乗り批判をしているのです。

 

 

●維新と共産の議案賛否での共闘事例

また、都構想という大阪市廃止構想への賛否という大きなテーマがあり、そのYES/NOがあるという情勢が大阪にはありますが、議案への賛否状況での維新と共産の共闘はあまたあります

 

●内閣不信任案

2016年9月、民主、維新、共産、社民、生活の野党5党は安保法制の強引な採決に反対し、内閣不信任案を共同提出。

 

当時国会議員の吉村市長も、足立康史も、丸山穂高も、馬場幹事長も共産の志位さんらと連名で内閣不信任案提出、賛成です。

 

 

●尖閣諸島など領土を守ることを喚起する決議案

2012年5月30日、大阪市議会において、尖閣島を守ろうという決議案に共産とともに維新は反対

(クリックで拡大)

 

●大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例案

2016念 5月2日、大阪市議会においてヘイトスピーチ規制条例が可決。加害者を氏名公表や被害者の訴訟支援が盛り込まれた。

この条例の問題構造はまたの機会に詳しく書くが、保守派には慎重論のあるものです。

審査会の恣意的な人選に反対し、自民党大阪市議団のみが反対。吉村市長の提案ですし、維新は共産等とともに賛成

 

 

 

維新の幼稚なレッテル選挙に騙されるな!

大阪市存続/廃止というとてつもない大きな二択案件が今あるのです。

議案の賛否で維新と共産が賛否同じ立場などよくある話で、選挙での相乗りも各地で行ってきている。

維新をよくよく見ていている人でなければバレないと思って、有権者を扇動しようとしているのです。

このような卑劣な政党、信任に値するであろうか。

 

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter