大阪救民会議への嫌がらせ行為が行われる

当団体への嫌がらせ行為が行われたことが発覚した。

Ggoogleで「大阪救民会議」と検索すると、虚偽情報が登録されていることが分かると思う。

 

全くどこだかわからない住所が救民会議とされ、さらに「大阪救民会議(大阪自民・立民・国民・共産)」というタイトルが付けられている。

 

さらには維新支持者が、経済コメンテーターの上念司に、大阪には「大阪救民会議(大阪自民・立民・国民・共産)」という団体がある、ひどいよねとこのデマを根拠に懐柔にいったりしている。

 

 

 

 

 

本当に無様である。
別に当会は既存の何党でもないし、何党でもおかしなものはおかしいと批判する立場である。
自民党だろと共産党だろうと合わぬ政策は徹底糾弾するものだ。
このような嫌がらせでしか抗せないというのは恥の感覚は無いのであろうか?

 

この住所の物件の所有者はいい迷惑であろうし、Googleに対しても業務妨害。
論理には論理でやりあうべきであり、このような虚偽でレッテルを張り、それを拡散して中傷などという維新信者らによるマッチポンプによるデマ拡散は本当に残念である。

 

 

先日指摘した、豊能町の維新の野村剛志・元豊能町議による、自民の選挙ハガキを捏造しての選挙妨害を見ても思うが、
やり口が本当に汚い。

 

 

そんなウソをついてまで維新に媚び、願望叶えて満足なものか?
維新は党自体嘘が多すぎるが、支持者まで習ってどうする。
大阪における維新をめぐる問題、問われているのはあなたの正義感です。

 

【追記】松井一郎市長までこの嫌がらせに加担
こんな程度の低い投稿を、なんと松井一郎市長までがリツィートし、自身の膨大なフォロワーに拡散したようです。

なんとも我らが市長ともあろう人物が、しっかりしてください。

 

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter